商品カタログ、サイト情報、広報/IRを漫画や動画にしましょう!

企業の漫画活用法

企業が漫画を有効活用するためのヒント集

  • 人気漫画キャラクターを広告に活用する 企業の漫画活用法

    人気漫画キャラクターを広告に活用する

    広告やプロモーションに、漫画のキャラクターを使用するのは、テレビや音楽業界などで活躍するタレントを使うのに似ています。タレントさんのもつイメージを活かしながら、商品の魅力を伝えていきます。コアなファンがいれば、それはもうダイレクトに購買を喚起することができます(オタクファンの心理は、推しのタレントのために売上に貢献することそのものに生き甲斐を感じてしまうのです)。たとえ薄いファンであったとしても全く知らない人に比べればメッセージを受け取りやすいことでしょう。 漫画のキャラクターにも似たような強みがあります。いつも好きで読んでいる主人公のキャラクターが、吹き出しや、アニメーションの語りで商品を勧めてくるのは魅力的です。 ただ、タレントとは異なる点もいくつかあります。漫画(アニメーションも含めて)の場合は、ロケや撮影といった必要がありません。代わりに作画やアニメ動画の制作になります。都会の真ん中であっても、宇宙を舞台にしても、深海の底を舞台にしたって製作費には大きく影響しません。イメージ次第で、どんなことだって出来るのです。 特にコロナ禍においてリアルでの撮影は関係者が多く敬遠されがちです。その点、アニメーションはソーシャル・ディスタンスが取りやすく重宝されました。(AUやマックのCMなど、大手の広告もアニメになっていました) また、 「漫画キャラクターはスキャンダルを起こさない」 という格言もあります。人気タレントには、文春砲で一発退場させられてしまうリスクが付きまとうのです。

  • フォローアンドリツイート(RT)キャンペーンとは 企業の漫画活用法

    フォローアンドリツイート(RT)キャンペーンとは

    フォローアンドリツイートキャンペーンは、Twitterの公式アカウントのフォロー、キャンペーン内容を告知したツイートをリツイートする。という2つの参加条件で、賞品をプレゼントするものです。 当選者は、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)で賞品を受け取ることになります。 商品は、全員に当たる場合もあれば、抽選で当たる場合もあります。全員に当たる場合には、デジタルによるスマホ用壁紙やダウンロード用のシリアルコードを配布し、デジタルコンテンツをゲットできる。というのが一般的です。 抽選の場合には、インスタントウィンと呼ばれるリアルタイムで当落の結果が分かるリプライ(応募者のアカウント向けに返信する形が一般的です)が送られ、30-60秒ほどの広告を交えた動画を見た後、結果を確認できます。当選者には、同時にDMで賞品の送付先などを入力するためのURLを含んだ当選メッセージが送られます。これらはすべて自動のシステムで実施されます。 インスタントウィン(リアルタイムでの当落)のシステムを使わず、後日抽選という方法もあります。その場合は、キャンペーン期間が終わった後に応募者(Twitterアカウント)の一覧から当選者を選び出し、DMが送信されます。件数にもよりますが、基本的には手作業で行います。 フォローアンドリツイートは、景表法的にはオープンキャンペーン扱いとなるため金額的な上限を気にすることなく実施ができます。デジタルコンテンツだけでなく、抽選形式を取ることで豪華賞品もキャンペーン予算の範囲内で実施が可能です。 キャンペーンの実施にあたっては、公式アカウントのフォロワー数が相当多い場合を除いて、Twitter広告を活用します。「プロモーション」と小さく記されたツイートをご覧になったこともあるかと思いますが、一般的なツイートに紛れる形でターゲットとなるTwitterユーザーのタイムライン(TL)へ配信され、その後は、キャンペーン参加者によるリツイートで更に拡散されていくこととなります。

  • マストバイキャンペーンとは 企業の漫画活用法

    マストバイキャンペーンとは

    従来の大手メーカーが実施していたアナログでのマストバイキャンペーン、例えば山崎パンさんのお皿がもらえるキャンペーンなどは購入し、シールを集め、葉書などを使って応募しますが、昨今ではオンラインで応募を完了させるものが主流となってきています。 理由としては、OCR(Optical Character Reader 光学文字認識・・・画像から文字を認識し文字データに変換する技術)の発達により、レシートをスマホで写メして応募を完了させるシステムが一般的に普及してきているためです。画像処理で、例えば同じ画像を不正に使いまわして応募する。といったこともできないようになってきています。(もちろん完璧ではありませんが、キャンペーンとして許容できる範囲になっています) 全てを手作業で行うのではなく、OCRなどを用いて、効率的に当選者を選び出し、場合によっては景品すらもAmazonギフト券などにすることで、オンラインで完結することもあります。

  • 漫画を使ったカタログを69%のユーザーが望んでいる 企業の漫画活用法

    漫画を使ったカタログを69%のユーザーが望んでいる

    ネット調査(*1)によると、冊子状になった広告物(カタログなど)に対して、漫画を求める人が69%になりました。

  • 税金や国からの補助金について漫画で説明する 企業の漫画活用法

    税金や国からの補助金について漫画で説明する

    ちょっとした知識と、実行力さえあれば得する(損しない?)情報ってありますよね。例えば税金とか、国からの補助金など。こういうコンテンツこそ漫画で解説すると分かりやすいですよ!

  • 漫画をクーポン付きのムック本で活用し成功した理由 企業の漫画活用法

    漫画をクーポン付きのムック本で活用し成功した理由

    漫画コンテンツの活用法のひとつに、ムック本があります。ある飲食店チェーンでは3,000円分のクーポンをつけた2,000円のムック本を販売し、6,000部完売したそうです。

  • うまく漫画のキャラクターが起った時に読む話 企業の漫画活用法

    うまく漫画のキャラクターが起った時に読む話

    企業漫画の成功は、伝えたい情報を、一人でも多くの伝えたい相手に届くことです。その上で、キャラクターが受け手に共感され、ストーリーを読む上で欠かせない読者の分身のようになることがあります。

  • 漫画活用という新しいチャレンジのお手伝いします! 企業の漫画活用法
  • 伝えるべき情報を絞り、漫画やアニメを使って伝えよう! 企業の漫画活用法

    伝えるべき情報を絞り、漫画やアニメを使って伝えよう!

    現代人は一日のほとんどをスマホと共に過ごしています。スマホの中はゲームやSNSといった刺激で一杯。自社の商品について、仕事上どうしても伝えなければならない情報をいかに伝えるか、知恵と工夫が必要です。

  • 社内の制作物が難解になるのは仕方がない?! 企業の漫画活用法

    社内の制作物が難解になるのは仕方がない?!

    社内の制作物はどうしても難解なものになってしまうもの。本当に伝えたい内容こそ、漫画やイラストに、キャッチーなフレーズを添えて伝えましょう!

  • 社史や創業物語を漫画にしませんか?! 企業の漫画活用法

    社史や創業物語を漫画にしませんか?!

    創業○○年記念の社史や、創業者の理念を後世に伝えるための創業物語。思い切って漫画にしてしまうのが流行り始めています!

  • 説明書や注意書きを漫画で表現する 企業の漫画活用法

    説明書や注意書きを漫画で表現する

    お客様に対する取扱説明書のうち、最低限、守ってもらわなければならない事項、お客様のお問い合わせで特に多い事項などあれば、現行の説明書に一工夫を加える。または、別紙を使い漫画で伝えるという方法を検討されてはいかがでしょうか。

  • 社員の教育コストを漫画で削減する 企業の漫画活用法

    社員の教育コストを漫画で削減する

    社内向けのマニュアルや、研修資料を漫画で楽しく伝えましょう!

  • 漫画をWEBコンテンツとして活用する 企業の漫画活用法

    漫画をWEBコンテンツとして活用する

    漫画活用したカタログを、web用に加工して商品紹介ページで使う。それも一つありますが、一言にweb用のコンテンツに漫画を活用する、といっても、それには様々な活用法が考えられます。

  • IR情報を漫画で伝える 企業の漫画活用法

    IR情報を漫画で伝える

    今まであまりなかったIR情報への漫画活用を検討してみませんか。

  • 商品カタログを漫画にする 企業の漫画活用法

    商品カタログを漫画にする

    宣伝広告ツールとして、漫画を検討されている方は多くいらっしゃるかと思います。かつては、子供の興味をひくために使われていた印象がありますが、昨今ではビジネスの世界でもキャッチーな漫画が使われています。